Life. Half of the rest ?

人生。残り半分以下?

コロナウィルスに負けるな!パンデミック映画を見てウィルス対策法を学ぼう。

防毒マスク着用しパンデミックに備える画像

防毒マスクをつける人

 

こんにちは、おっちゃんブロガーのじんのん(@deep_sea1)です。 

 

コロナウィルスの感染範囲が日増しに拡大していて、かなり恐怖を感じる今日この頃、皆さんは何か対策をお考えですか。

 

奈良県のバス運転手さんやバスガイドさん、三重県の男性や京都の留学生が感染したニュースが耳に飛び込み、いよいよ日本にも本格的な感染が広まるのかと思ったのと同時に、感染の広がり方や中国からの豪華客船入港シーンなどを見た時、これまでに見てきたパンデミック映画の様々なシーンが脳裏をよぎりました。

 

そこで今回は、パンデミック映画に学ぶ、「パンデミックが発生した場合の対処法」をテーマに、おっちゃんおすすめのパンデミック映画を紹介させて頂きます。

 

「こんな時に不謹慎な!!」

 

そんな声も聞こえてきそうですが、そんなことはありません。

映画は作り話ですが、パンデミック発生時に取るべき行動や対処法などは、実際の生活にも活用できるものもあり、決して侮(あなど)ることは出来ません。

 

しかも、今回ご紹介する映画は不屈の名作ばかり。

 

映画に見る、人の心理や行動、知らないことに対する恐怖心など、映画から学ぶべきところが沢山あると思いますので、おっちゃんがおすすめするパンデミック映画を一緒に見ていきましょう。

 

「すべてネタバレなしです」

 

ご安心ください。

 

スポンサーリンク

 

 

パンデミックが発生した時の行動

ウィルスの画像

ウィルスの画像

まず初めに、パンデミックが発生した場合、必要以上に不安をあおったり、偏見を持ったりするのはよくありません。

また、正しい知識を身に着ける努力を怠ってはいけません。

 

そんな中、今回のコロナウィルス発生時の各所の対応について振り返ってみます。

以前にとても大流行し、大きな問題となった重症急性呼吸器症候群SARS)や、中東呼吸器症候群(MERS)などの過去の経験が生かさておらず、日本政府の対応も中途半端な気がしてなりません。

 

他方、日本政府がチャーター機を手配して、わざわざ帰国させてもらっている方々が、検査を拒否し、おまけに自宅に帰宅するなどの暴挙にでたりと、常識から逸脱した行動に出ていることに本当にビックリしています。

 

潜伏期間の知識があれば、その期間に他者と接触した時のリスクも理解でき、愛する家族を危険にさらす暴挙に出ることも無かったと思います。

 

しっかりとした知識を身につけていれば、自宅に帰ることなんて絶対にできないし、仮に自宅に帰れと言われても、絶対に帰らないのが当たり前の神経だと思っていたのですが、今回のニュースを聞いて本当に信じられない思いです。

 

もっというなら、例えばニュースで知る以前に、自分が中国・武漢から帰国していた場合、または、武漢市から来た人と接触したことを知った場合は、昨今のニュースを見て自覚症状が無かったとしても、自ら申し出て検査を受ける行動に出ると思います。

当然、家族も含めてです。

 

それは、何よりも家族を守りたいからです。

地域の住民に迷惑を掛けたくないからです。

 

ウィルスとワクチンの画像

 

そういった意味でも、パンデミック発生などの様々な有事の際には、私達は正しい知識を身に着け、正しい行動が出来るように心掛けなければなりません。

 

もしかして自分も感染したかも?

そんなときのために、厚生労働省の「新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)」の連絡先を載せておきます。

 

直近での中国・武漢市への渡航経験や、武漢市から来られた方と接触した可能性があり、ご自分の症状が気になる方は迷わず電話を!

 

公式ホームページ: 

新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)の設置について

 

厚生労働省の電話相談窓口 電話番号:

   03-3595-2285
○ 受付時間 9時00分~21時00分
(1月28日のみ18時より受付)

 

以上、このような現実のケースを知識に入れ、

 

「身勝手な行動をとった時、どうなってしまうのか?」

「恐怖に支配された時、人はどう行動するのか?」

愛する人を守る時、どう行動すれば良いのか?」

 

そんなことを考えながら映画を鑑賞されると、今までとは違う一面が見えるかもしれません。

 

パンデミック映画のおすすめ

それでは、いよいよおっちゃんがおすすめするパンデミック映画をご紹介させて頂きます。 

ワールド・ウォーZWorld War Z

ワールド・ウォーZDVDジャケット

ワールド・ウォーZ

引用:Amazon

 

ブラッド・ピットが主演する映画の中でも興行収入№1になった超大作がワールド・ウォーZです。


公開日:2013年

監  督:マーク・フォースター

脚  本:マシュー・マイケル・カーナハン

原  作:マックス・ブルックス(英語版)の小説「WORLD WAR Z」(2006年)

主  演:ブラッド・ピット、ミレイユ・イーノス、ジェームズ・バッジ・デール、ダニエラ・ケルテス、ほか

 

原作はあるのですが、「強烈な感染力で人間がゾンビ化し、人類滅亡の危機に陥っている」という設定以外は、ほぼ別物の映画になっています。

 

◆ あらすじ

突如発生した謎のウィルスが瞬く間に世界中へと広がり、各国の政府や軍隊が崩壊状態に陥る。元国連捜査官で、伝染病の調査や紛争国での調停役を務めた経験をもつジェリーは、旧知の仲の国連事務次官ティエリーに呼び出され、ワクチン開発の情報収集のため各国をめぐる調査隊に同行するよう依頼される。ジェリーは妻と娘2人を安全な国連指揮艦の空母にかくまってもらうことを条件に依頼を引き受け、ウィルスの謎を解明するため混乱する世界へ旅立つ。

引用:映画.com

 

 

この映画はなんといっても、最強、最速、そして大量のゾンビの恐怖が描かれた映画になっています。

 

今までのゾンビ映画は、ゾンビの動きがとてもゆっくりで、劇中で襲われても、囲まれさえしなければ十分に逃げ切れることがほとんどでした。

 

ところがこのゾンビ、動きの速度が尋常ではありません。

大量のゾンビたちがもの凄いスピードで迫りくる、次から次へと折り重なり出来上がる巨大なゾンビタワーの恐怖は、この映画の最大の見どころです。

 

予告動画を貼っておきますので、是非ともチェックしてください。

>> 『ワールド・ウォー Z』日本版本予告90秒

 

ワールド・ウォーZ」が見れるVODサービスはこちら

>>  Amazonプライム・ビデオ申し込みページ

 

ウォーキング・デッド

ウォーキング・デッドEP6ワンシーン

ウォーキング・デッドより

引用:AMC

 

次の作品は、皆さんもご存じゾンビ映画の金字塔、ウォーキング・デッドです。

 

公開日:2010年~(ファーストシーズン)

原  作:ベストセラーのアメコミ“The Walking Dead”

主  演:アンドリュー・リンカーン、サラ・ウェイン・キャリーズ、チャンドラー・リッグス、レニー・ジェームズ、スティーヴン・ユァン、ノーマン・リーダス、ほか

 

見初めのうちは、「ゾンビ怖~」「うぇ~気持ち悪~」な感想だったのですが、いつしか気付くのです。

一番怖いのは人間であることに!

 

危機に瀕した時の人の心の浅ましさ、人と人との争いの醜さ、そして最後には助け合う人々の優しい心。

 

どちらも人の心に宿る正常な感情であること。

見る者がどちら側の人間を選ぶのか?

そんな気持ちすらも感じさせる、壮大なテーマが潜んでいると、おちゃんは感じました。

 

最初のハードルである「ゾンビ怖~」、「うぇ~気持ち悪~」さえ乗り越えることができれば、そこから先はホラー映画ではなくなり、極限状態に追い込まれた人間の心理を描いたヒューマンドラマに変わること間違いなしです。

 

ウォーキング・デッド」が見れるVODサービスはこちら

>> hulu申し込ページ

>>  Amazonプライム・ビデオ申し込みページ

>> Netflix申し込みページ

 

💡ポイント

おっちゃんの調べによると、ウォーキング・デッドの最新版をいち早く見れるのは、huluでした。

なので、ウォーキング・デッドがお目当てなら、おすすめのVODはhuluになります。

 

ホラー映画が嫌いなおっちゃんですが、それでも十分に楽しめるこの作品。

おっちゃんと同じように、最初のハードルを何とか乗り越えて、是非見て欲しい作品です。

 

ザ・ラストシップ

ザ・ラストシップ-ファーストシーズン

ザ・ラストシップ

引用: ワーナー ブラザース ジャパン

最後にご紹介するのは、おっちゃんがおすすめするパンデミック映画の一押し、ずばりザ・ラストシップです。

 

この作品は、ゾンビなどが登場するホラー映画ではありませんので、人を選ばず安心してご覧になれる作品になります。

 

監  督:マイケル・ベイ

原  作:ウィリアム・ブリンクリーのベストセラー小説「The Last Ship」

主  演:エリック・デイン、 ローナ・ミトラ、 アダム・ボールドウィン、トラヴィス・ヴァン・ウィンクル、マリッサ・ネイトリング、真田広之(サードシーズン)、ほか

 

人類滅亡の危機を救ったおっさんの感動の名作「アルマゲドン」や、男の子の憧れ、変身ロボットでおなじみ「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ監督が、TVドラマ界に初めて進出した作品なので、その面白さはお墨付きです。

 

原作:ウィリアム・ブリンクリーのベストセラー小説「The Last Ship」を基に、描かれる海洋ミリタリーアクション。

 

◆ あらすじ

4カ月間にも及ぶ極秘ミッションに向かう1隻の船「合衆国海軍駆逐艦ネイサン・ジェームズ」。

外界からの連絡を一切遮断し、極秘ミッションを終えたあとに待ち受けていたのは、人類の80%を絶滅に追いやった伝染病が蔓延する世界。

 

駆逐艦ネイサン・ジェームズの本当のミッションは何だったのか?

同乗していた細菌学者 のレイチェルは?

駆逐艦ネイサン・ジェームズの艦長 トム・チャンドラー率いる海軍軍人たちによる、 人類滅亡の危機を救うための痛快アクションドラマです。

 

予告動画を貼っておきますので、是非ともご覧ください。

>> ザ・ラストシップ(ファーストシーズン)

>> ザ・ラストシップ(セカンドシーズン)

>> ザ・ラストシップ(サードシーズン)

>> ザ・ラストシップ(フォースシーズン)

>> ザ・ラストシップ(ファイナルシーズン)

 

「ザ・ラストシップ」が見れるVODサービスはこちら

>> hulu申し込ページ

 

ザ・ラストシップが見れるVODサービスはhuluだけでした。

こちらの作品も、おっちゃんが激ハマりした作品なので、是非とも皆さんに見て頂きたいですね。

 

その他のおすすめ記事

◆ 健康を目指すならこの記事 

www.otherhalf22.com

 

◆ 時短家電を活用してゆっくり映画鑑賞でもいかがですか

www.otherhalf22.com

 

まとめ

コロナウィルスをきっかけに、今回の記事をご紹介させて頂きましたが、決して茶化しているつもりはありませんのでご理解ください。

 

流行性の感染症予防と言えば、外から帰ってきたときの手洗い、うがいの励行は当たり前に実施することです。

その他に、何といってもむやみに人混みに近づかないことだと思います。

 

これらの予防的取り組みと併せて、自宅に引きこもり、今回ご紹介した作品をじっくりご覧になられ、更なる知識、愛する人を守るための心構えを身に付けられては如何でしょうか?

 

まだまだ危険性について未知数なコロナウィルスだけに、これからも十分に気を付けて、予防的行動をとりたいですね。

今回の記事をきっかけに、一つでも皆さんへの気づきになれば幸いです。

 

最後に

厚生労働省相談窓口

最後にもう一度、厚生労働省の「新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)」の連絡先を載せておきます。

公式ホームページ: 

新型コロナウイルスに係る厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)の設置について

 

厚生労働省の電話相談窓口 電話番号:

   03-3595-2285
○ 受付時間 9時00分~21時00分
(1月28日のみ18時より受付)

 

◆ 私たちが出来る予防

私たちが出来る流行性感染症の予防につてい考えてみました。

  • 外出時のマスク着用
  • 帰宅時の手洗い、うがい励行
  • むやみに人ごみに近づかない

 

インフルエンザではありますが、感染症予防の参考になるホームページリンクを貼っておきます。

www.gov-online.go.jp

 

政府よ、今更入国拒否しても遅いって!!(怒)

 

以上、じんのん(@deep_sea1)でした。

 

スポンサーリンク

  

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

「それでは、ばいなら、ならいば~」

 

応援の「ポチっとな!」よろしくお願いします。

 

皆様の応援のお陰で、戦うオヤジランキング1位を死守しております。

いつもありがとうございます。

 

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ
にほんブログ村

 

 


ファミリーランキング

//更新日表示(手動)