Life. Half of the rest ?

人生。残り半分以下?

パパ、ママ必見!子供にも安心のドローンを探してみた

f:id:otherhalf22:20191203222800j:plain

 

こんにちは、じんのんです。

 

ドローン、流行っていますね。

えっ!いまさら?

そんな声が聞こえてきそうですが、お恥ずかしながら今回、初めてのドローン体験をしてきました。

まさかこんなに楽しいとは、今回の体験により、ドローンの魅力にすっかり取り憑かれてしまいました。

 

おっちゃんの時代で、ドローンと言えば、

 

 

わぉ!フォルムにビックリ!

そして、値段にもビックリ!

 

これは、子供には危険なドローンですな。。。

 

 

 

 

 

親子で楽しくドローン体験

11月某日、地域のイベントがあり、その時に親子でドローンの体験をしてきました。

 

体験したドローンの機種

体験させてもらった機種は、「Holy Stone ミニドローン」と言う機種で、価格は約4000円ほどの機種でした。

 

◆ 本体とコントローラー

f:id:otherhalf22:20191204105613j:plain

 

 

◆ 本体の大きさ

f:id:otherhalf22:20191204105647j:plain

 

とても小さく、手のひらサイズです。

 

「Holy Stone ミニドローン」体験レビュー

スタッフの兄さんから、簡単に操作説明を聞きます。

このお兄さん、かなりのイケメンです!

f:id:otherhalf22:20191204110323j:plain

ん~、おっちゃんの娘7歳は、とてもイケメン好きのおませさんです。

説明そっちのけで、お兄さんの顔ばかり見ていました(-_-メ)

おっちゃんは、今から将来がとても心配です(涙)

 

説明が一通り終わり、実際にドローンを飛ばしてみました。

f:id:otherhalf22:20191204110632j:plain

写真がヘタクソで、肝心のドローンが映っていませんでした。

娘ちゃん、ゴメンナサイ。

 

次は6歳の息子です。

f:id:otherhalf22:20191204110838j:plain

いきなりから顔の前でのホバリング

おぉ~!我が息子よ、君の才能はなんて凄いんだ!

 

と思ったら、このドローンは気圧センサーによる高度維持機能が付いているらしく、誰もがらくらくで、自動ホバリングが出来るようです。

 

次は、設置されている障害物を通り抜けます。

f:id:otherhalf22:20191204111251j:plain

 

おぉ~!これは凄い!

 

おっちゃんも実際に体験しましたが、最後まで障害物を通り抜けることが出来ませんでした。

 

やはりすごいぞ!息子よ。

 

そして、またまた通り抜け成功!

f:id:otherhalf22:20191204111305j:plain

次から次へと障害物を通り抜け、満面の笑みを浮かべる息子です。

 

最後は、体験用ドローンが並べてあった長テーブルの上に、見事に着陸させる芸当まで披露し、スタッフのお兄さんたちをビックリさせていました。

とても初めてとは思えない操作技術でした。

 

我が息子、只者ではないな!

(あっ、ただの親バカです)

 

それとこのドローンは、相当扱いやすかったです。

 

こちらが、今回体験した機種です。

 

初めてのドローンとして、小さなお子さんへのプレゼントにはとても良さそうです。

 

ドローンについて

話題のドローンですが、飛ばしてはいけないところで飛ばしていたとか、官邸の屋上に落下していたとか、どちらかと言うと悪い方のニュースが良く耳に飛び込んできます。

ドローンの機種によっては、法規制の対象でもあるため、購入する際は法規制などについて理解する必要があります。

 

法規制の対象は?

ドローンには、重量200gを境に法規制が入ります。

  • 重量200g以上:法規制あり
  • 重量200未満:法規制なし

法規制の対象になっているのは、重量200g以上のドローンで、本格的な空撮用などがそれにあたります。

もし、200g以上のドローンのご購入をお考えの場合は、次に説明する法規制の内容や、関係省庁のホームページをよく確認し、十分に理解しておいてください。

 

200g未満の機種であれば、法規制をほとんど気にすることなく購入ができ、マナーを正しく守れば、誰もが飛行させられるということです。

価格も安いものがたくさんありますので、初めてドローンを購入する場合は、200g未満がおすすめです。

 

とは言え、守らなければならないルールもありますので、次の章で解説していきます。

 

ドローンに関する法規制について

ドローンに関する規制法は、次の通りです。

  • 2015年12月10日:200g 以上のドローンに対し、「改正航空法」施行
  • 2016年4月7日:すべてのドローンに対し、「小型無人機等飛行禁止法」施行

※これらの規制法に違反した場合、1年以下の懲役、もしくは50万円以下の罰金が科せられます。

 

重量200g以下でも注意が必要!

重量が200g以下であっても、改正航空法、及び、2016年の法規制により全てのドローンが対象となり、「小型無人機等飛行禁止法」が適用されています。

 

◆ 改正航空法による飛行禁止区域は次の通りです。

 

f:id:otherhalf22:20191204135225p:plain

 

◆飛行の方法は次の通りです


f:id:otherhalf22:20191204135807j:plain

引用:http://www.mlit.go.jp/common/001294652.pdf

 

◆ 小型無人機等飛行禁止法による飛行禁止区域は次の通りです。

f:id:otherhalf22:20191204141108j:plain

引用:小型無人機等飛行禁止法の概要(警視庁)

 

 

具体的には次の3つです。

  1. 国の重要な施設等( ア 国会議事堂等、イ 内閣総理大臣官邸等、ウ 対象危機管理行政機関(機関・庁舎を政令で規定)、エ 最高裁判所、オ 皇居・東宮御所、カ 対象政党事務所 )
  2. 対象外国公館等
  3. 対象原子力事業所(類型を政令で規定)

 

◆ 2019年5月にドローン規制について法改正されました。

ドローン規制について改正された法律は、以下の3つです。

  • ドローンを用いたテロ事案等の各国での発生やその脅威の高まりを受け、ラグビーワールドカップ2019、2020年東京オリンピックパラリンピック競技大会の関連施設(会場等・主要空港)及び防衛関係施設についてその上空での小型無人機等の飛行を禁止
  • ドローンの普及・活用の拡大・促進との調和を図ることに配慮し、対象施設等を必要最小限に限定
  • ラグビーW杯・オリパラ大会において、メディアの撮影用ドローンの安全確保にも配意

引用:https://www.cas.go.jp/jp/houan/190305/siryou1.pdf

 

◆ 詳しくは、各省庁のホームページをご確認ください。 

 

法令にいて沢山記載しましたが、マナーを守り、常識的な使い方をしていれば、法に抵触するようなことはまずないと思います。

 

 

 

おっちゃんのおすすめドローン

おすすめの条件は、おっちゃんが欲しい順番です(笑)

次の条件を設定しました。

  • 安全面:小さなお子さんでも安全に遊べる。
  • バッテリー交換タイプ:5分、10分でバッテリーが切れてしまうため、予備バッテリーは必須としました。
  • カメラ搭載:カメラ搭載の方が楽しそう。

 

第一位:

 

 

  • 安全面:◎
  • バッテリー交換:◎
  • カメラ搭載:720P HD

 YouTubeAmazonで商品紹介の動画を沢山見ましたが、とても良さそうです。

カメラによる映像も、この値段にしては十分に満足いくクオリティです。

おまけに収納ケース付です。

今回の選定条件をすべて満たしています。

 

第二位:

 

 

  • 安全面:〇
  • バッテリー交換:◎
  • カメラ搭載:1080P HD

この商品も、安定性やカメラによる映像など、とても良い製品ですね。

折り畳みによりかなりコンパクトになるのも良いです!

安全面は、プロペラ全面を覆うタイプではありませんので、評価を一つ落としました。

その他に、いるかどうかは別にして、懐中電灯やモバイルバッテリーにもなるようです。

ただし、お子さんにプレゼントするには、見た目が今一かもしれません。

 

第三位:

 

  • 安全面:〇
  • バッテリー交換:◎
  • カメラ搭載:720P HD

ちょっと小さくて、おもちゃ感があるかもですね。

VRゴーグルと組み合わすことが出来たり、スマホを指でなぞった軌跡で飛ばせたりするのは面白い機能ですね。

この機種もプロペラカバーが全面タイプではないので、安全面の評価を一つ下げました。

それでも条件はすべて満たしています。

 

第四位:

 

  • 安全面:〇
  • バッテリー交換:◎
  • カメラ搭載:720P HD

こちらはかなり本格的なドローンですね。

ボタン一つで機体が戻ってくるリターンモードを搭載しているので、紛失の心配もありませんね。

安全面は、プロペラカバーが全面を覆っていませんので、評価を一つ下げました。

 

第五位:

 

  • 安全面:△
  • バッテリー交換:◎
  • カメラ搭載:ナシ

こちらは五位と言うより、番外編に近いですね。

なんと2台セットで、赤外線ビームで攻撃する対戦が出来るタイプです。

面白そうですね~。

カメラは搭載されていませんが、子供たちとの対戦が熱いかもしれませんね。

多分、子供の方が上手になるでしょうね。

 

 

 

 

年末のセール情報

楽天スーパーSALEの概要
開催期間:2019年12月4日(水)20:00~12月11日(水)1:59まで開催。
目玉商品:ポイントが最大44倍、半額がたくさん

会場はこちらから。

 

 

Amazon Cyber Monday(サイバーマンデー)概要

開催期間:2019年12月6日(金)9時00分~12月9日(月)23時59分まで開催。

会場はこちらから。

 

 

◆ YAHOO!年末感謝セール概要

開催期間:2019年12月1日(日)0時00分~12月26日(木)11時59分まで開催。

会場はこちらから。

 

 

こちらのプレゼントもお薦めです

こちらの商品も、子供の発想力、知育に役立つお薦め商品です。

www.otherhalf22.com

 

◆ お子さんの寝かしつけに最適アイテム

www.otherhalf22.com

 

まとめ

初めてのドローン体験で、ドローンが世の中ではやる理由がとても良く分かりました。

ラジコンのヘリや飛行機は難易度が高くて、中々触れる機会がありませんでしたが、手軽に始めれるドローン。

大人も夢中になれること間違いなしですね。

 

今回の情報が、少しでも皆さんのお役に立てれば幸いです。

それでは、この辺で、

 

「ドロ~ン!!」

 

ドローンだけに。。。(さむ)

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

「それでは、ばいなら、ならいば~」

 

応援の「ポチっとな!」よろしくお願いします。

皆様の応援のお陰で、戦うオヤジランキング1位を死守しております。

いつもありがとうございます。

 

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ
にほんブログ村

 


ファミリーランキング

//更新日表示(手動)